スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DW、新作「The Guardians」にディカプリオを起用

ドリームワークスは、2012年11月公開予定の「The Guardians」の主人公ジャック・フロストのボイス・アクターにレオナルド・ディカプリオを起用すると発表しました。
http://www.slashfilm.com/2009/12/03/leonardo-dicaprio-to-make-animated-feature-film-debut-with-the-guardians/
本作は、CGと縁の深いWilliam Joyceが原作です。ちなみに、William Joyceは、ピクサーの「トイストーリー」や「バグズライフ」のキャラクター原案、TVシリーズ「ローリー・ポーリー・オーリー」の原作、ブルースカイの「ロボッツ」のデザイン、ディズニーの「ルイスと未来泥棒(Meet the Robinsons)」の原作(オリジナルの絵本は「A Day With Wilbur Robinson」)などなど、いろんなスタジオの作品に関係しています。
そのWilliam Joyceが、ドリームワークスとコラボするのは、来年のクリスマスからスタートする絵本シリーズ「The Guardians of Childhood」。童話の主人公たち、霜の妖精ジャック・フロスト、サンタクロース、イースターのウサギ、歯の妖精、サンドマンたちが、世界を混沌におとそうとするブギーマンと闘うストーリーだそうです。TVフィーチャー「Monsters vs Aliens: Mutant Pumpkins from Outer Space」で監督デビューしたしたPeter Ramseyの初長編になります。


ビジュアル的に、これまでのハリウッド製長編アニメとは違ったタッチで、期待が持てます。

「Project Chopin」メイキング・ビデオ

CGアニメではないのですが、ちょっと気になったストップ・モーション・アニメの制作風景です。
http://www.youtube.com/watch?v=XsRAVaGf6w8
来年2010年が、ショパン生誕200年にあたるということで、生地ポーランドでは大イベントを行うようで、その一環として作られている作品のようです。
http://chopin2010.pl/
イベントの公式サイトは、日本語の予定もあるようです。

北米週末興収速報(11/27-29)

この週末は、北米は感謝祭の5連休だったのですが、いつもながらの金土日の3日分の速報値です。

1 トワイライト・サーガ/ニュームーン(2週目) $42,500,000 累計 $230,674,000

3 2012(3週目) $18,000,000 累計 $138,776,000

5 クリスマス・キャロル(4週目) $16,003,000 累計 $105,373,000

7 Planet 51(2週目) $10,200,000 累計 $28,487,000

9 The Fantastic Mr. Fox(3週目) $7,020,000 累計 $10,108,000

18 プリンセスと魔法のキス(初) $712,000 累計 $1,142,000

- ATOM(6週目) $151,000 累計 $18,909,000

- 9(12週目) $27,400 累計 $31,742,000

「クリスマス・キャロル」が上映スクリーン数が先週から565も減ったにもかかわらず、興収は30%も増えて、1億ドル突破しました。感謝祭のせいか、ぼちぼちクリスマス気分も出始めたためなのかはわかりませんが。後者なら、クリスマスまでに、1億ドル台半ばもありうるかもしれません。来週の動きに注目です。
ストップモーション・アニメの「The Fantastic Mr. Fox」は、2週間の限定公開(4スクリーン)が終わり、約2000スクリーンの拡大公開になりましたが、2週目の「Planet 51」(約3000スクリーン)にも及ばない結果に。
同じように、限定公開の始まったディズニー久々の長編2D作品「プリンセスと魔法のキス」は、たったの2スクリーン(ロスとニューヨーク)でその1/10の数字。拡大公開は再来週です。

ピクサー・カナダ・スタジオのホームページが開設

ピクサーが、サテライト・スタジオとしてカナダのバンクーバーに作ったスタジオが、ホームページを開設しました。
http://www.pixarcanada.com/
その<About Us>の文章には、
Pixar Canada's mission is to produce animated shorts and television specials, featuring characters from Pixar's prior films.
「ピクサー・カナダ・スタジオの目的は、ピクサーの映画作品のキャラクターをフィーチャーした短編やTVスペシャルを制作することです」
と明記されていますね。

北米週末興収速報(11/20-22)

確定値です。

1 トワイライト・サーガ/ニュームーン(初) $142,839,137 累計$142,839,137

3 2012(2週目) $26,410,206 累計$108,131,263

4 Planet 51(初) $12,286,129 累計 $12,286,129
5 クリスマスキャロル(3週目) $12,275,024 累計$79,836,002

12 かいじゅうたちのいるところ(5週目) $688,060 累計$$74,665,359

19 ATOM(5週目) $406,074 累計$18,621,561

24 The Fantastic Mr. Fox(2週目) $203,512 累計$562,048

25 くもりときどきミートボール(10週目) $172,031 累計$122,308,668

42 9(11週目) $43,390 累計$31,691,649

最近、ニュースがなくて、更新の熱意がなくなってしまってますが…。
なんだか、よく知らない吸血鬼映画が、史上3位の記録的なオープニングを記録したそうでうな。
それはさておいても、パッとしないスタートとなった「Planet 51」。まあ、今見られるムービーのクオリティから言うと、仕方ないかな。
そして、「クリスマスキャロル」は、はたして本番のクリスマスまで持つのでありましょうか?

北米週末興収速報(11/13-15)

速報値です。

1 2012(初) $65,000,000 累計$65,000,000
2 クリスマスキャロル(2週目) $22,325,000 累計$63,289,000

12 かいじゅうたちのいるところ(5週目) $2,415,000 累計$73,437,000

10 ATOM(4週目) $1,651,000 累計$17,913,000

22 The Fantastic Mr. Fox(初) $260,000 累計$260,000

- 9(10週目) $69,600 累計$31,625,000

とりあえず、数値だけ。

40周年を迎えた「セサミストリート」に、CGによるスキット

今年11月で、放映開始から40年目に入った「セサミストリート」に、新しいスキット(寸劇)として、CGIを使ったシリーズがスタートしました。
http://www.youtube.com/watch?v=5rKQUtrQsHo
パペットに似せたモデリングとモーションで、違和感をなくしつつ、身体全体の動きや、様々なエフェクトも表現できるようになったわけですが、やはりマペットによるリアルタイム感までは出せないようです。

http://www.animationmagazine.net/article/10834
ソフトはSOFTIMAGEだそうです。
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

wakkie

Author:wakkie
3DCGに関連して、ソフトや技術に関する情報を提供するポータルはいろいろありますが、作られた作品そのものの情報は意外と見あたらないようです。
非力ながら、私の目に付く範囲でまとめていこうと思っています。

FC2カウンター
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。