スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

訃報 Alexander Schure氏 享年89歳


筆者も詳しくは知らないのですが、プロフィールを読むとCGをそれまでの研究室レベルから実用レベルに送り出した、とも言える人のようなので、取りあげておきます。

Alexander Schure博士は、1955年にNew York Institute of Technology(NYIT)を創設しました。すごいお金持ちだったようです。
その博士が、どういうわけか、「Tubby the Tuba(テューバ吹きのタビー)」という子供向けの楽曲をアニメにしようと考えます。同曲は、1947年にジョージ・パルによって、短編パペットアニメが作られていますが、Schure博士が作ろうとしたのはその長編版です。
1974年に制作がスタートしますが、手描きアニメの作業が遅いことにいらだった博士は、そんな単純作業はコンピュータにでもやらせろよと思ったのか、すぐに、NYIT内にComputer Graphics Lab(CGL)を設立、人員を募集します。その中には、後にPIXARを設立するエド・キャッツムル氏とAlvy Ray Smith氏、シリコン・グラフィック社を設立するジム・クラーク氏などがいました。もっとも、1975年に完成した「Tubby the Tuba」では、CGを使ったシーンは採用されなかったようですが、商業映画に使えるようなCGという目標が出来たことで、CG技術は新しい道のりに進み始め、CGLは、その後も長い間、CG研究の拠点となりました。

1984年のアニメ映画「SF新世紀 レンズマン」のCGシーンはCGLが担当し、Alexander Schure博士の名前がクレジットされているようです。その一部は、TVアニメ版のオープニングにも流用されています。
http://www.youtube.com/watch?v=yE9FDTNyCX4


上の動画のキャプションでは、日本初のCGアニメと書いていますが、これより先に、日本でも「ゴルゴ13」の劇場版アニメで、トーヨーリンクス制作のCGを採用してますね。
「TRON」が82年ですから、世界初はもちろんありえません。
スポンサーサイト

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ゴルゴ13 最終回の情報

【送料無料+特別価格】ゴルゴ13大判バスタオル約85×140cm通常価格1500円の品!さらに送料無料!商品価格:999円レビュー平均:4.53 キュージョン根付ストラップ3(ゴルゴ13)[S94]商品価格:525円レビュー平均:4.92 ゴルゴ13(148)商品価格:550円レビュー平均:4.8 ...

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

wakkie

Author:wakkie
3DCGに関連して、ソフトや技術に関する情報を提供するポータルはいろいろありますが、作られた作品そのものの情報は意外と見あたらないようです。
非力ながら、私の目に付く範囲でまとめていこうと思っています。

FC2カウンター
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。