スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北米週末興収速報(8/14–16)

今週は「ポニョ」があったので一応続けます。

1 District 9(初) $37,000,000 累計$37,000,000
2 G.I.☆ジョー(2) $22,500,000 累計$98,753,000

5 G-Force(4) $6,908,000 累計$99,049,000

7 ハリー・ポッターと謎のプリンス(5) $5,155,000 累計$283,893,000

9 崖の上のポニョ(初) $3,506,000 累計$3,506,000

16 トランスフォーマー:リベンジ(8) $1,600,000 累計$396,754,000
17 Aliens in the Attic(3) $1,450,000 累計$20,569,000

19 アイスエイジ3 ティラノのおとしもの(7) $1,280,000 累計$190,867,000

ピーター・ジャクソン・プロデュース、ナイル・ブロンカンプ監督の低予算SF映画「District 9」が初登場1位。製作費3000万ドルということで、4500万ドルの「Aliens in the Attic」よりも安上がり。「Aliens~」が3週目に入って、いまだに製作費の半分も上げていないのに対して、3日分の興収で製作費を越えていますね。短編「Alive In Joburg」がピーター・ジャクソンの目にとまり、本人監督で商業作品として長編化というのは、シェーン・アッカー監督の「9」と同じパターン。
「崖の上のポニョ」は、宮崎監督自らアメリカに乗り込んで、プロモーションに協力したものの、残念な数字。上映規模(927館)はあまり大きくないので、1館あたりの平均は$3,782と、さほど悪くありません。
「カールじいさんと空飛ぶ家」は上映終了した模様。「アイスエイジ3」も来週には20位からも落ちて順位が付かなくなるでしょう。
今回は、結構下の方まで数字が出ているのですが、いまだに「モンスターVSエイリアン」(21週目)をやっている映画館が100館以上あるんですね。カルト映画扱いなんでしょうか。

ということで、この速報ネタはたぶ今週で終わり。次は9月9日の「9」の結果待ちの予定です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

wakkie

Author:wakkie
3DCGに関連して、ソフトや技術に関する情報を提供するポータルはいろいろありますが、作られた作品そのものの情報は意外と見あたらないようです。
非力ながら、私の目に付く範囲でまとめていこうと思っています。

FC2カウンター
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。