スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CNNMoney.comのニュース

ハリウッドでのCG映画の流行についての記事が出ています。いささか薄い内容ですが、他にニュースもないし、<戦い>の終わった来年あたりには、懐かしくなりそうなので、全文を直訳しておきます。(週明けにはCNN.co.jpに訳が載るかもしれませんが)

http://money.cnn.com/2006/03/03/news/companies/cartoons/
ニューヨーク(CNNMoney.com) -ハリウッドは、アニメ戦国時代に入った

これまでPixarとDreamWorks Animationが、3DCGを使ったアニメ映画で市場を支配していた。しかし、他のメジャー数社も、この豊かな領域を手に入れようと狙っている。
1月には、赤ずきんちゃんの新解釈「Hoodwinked」が、思いがけなくヒットした。パラマウントは、今年後半の「Barnyard」で、CGアニメ分野で稼ぎたいと考えている。3月には「Ice Age 2: The Meltdown」が封切られる。前作「Ica Age」は、FOXにとって大ヒットだった。

興業チャート作成会社Exhibitor Relationsの社長Paul Dergarabedianは「これまでは、Pixarだけがプレイヤーだった。しかし、今では他のスタジオが争いにくっわろうとしている」という。
今年の映画公開スケジュールは、CG映画でいっぱいだ。MiramaxをやめたBobろHarveyのWeinstein兄弟が設立したインディペンデント系スタジオのWeinstein社は、今年すでに、「Hoodwinked」と「Doogal」の2本を公開している。
先週公開された「Doogal」は興行的にも、作品的にも大失敗だったが、「Hoodwinked」は、赤ずきんちゃんの話を「羅生門」風に解釈して、思いがけないヒットになった。「Hoodwinked」は、興業成績チャートのBox Office Mojoによると、1月の公開以来グロスで5000万ドル以上の成績を上げている。

今月の末には、Foxが「Ice Age 2: The Meltdown」を公開する。2002年公開の前作「Ice Age」は1億7600万ドルの成績をあげている。Foxは、夏に、もう1本「Yankee Irving」というCG映画を配給する。
Sonyでは、今年後半に「Monster House」と「Open Season」の2本のCG映画を控えさせている。
Warner Brothersも、年内に「The Ant Bully」と「Happy Feet」の2本がある。Paramountでも10月に「Barnyard」を公開する。

それにしても、人々は、こんなたくさんのCGアニメ映画を見たがっているのだろうか?いずれにせよ、この業界のパイオニア2社の作品も公開される。Disneyによる買収作業中のPixarは、この夏の「Cars」に強い期待がかかっている。
2本の「Shrek」と去年の「Madagascar」をヒットさせた実績のあるDreamWorksは、5月に「Over the Hedge」、秋に「Flushed Away」を予定している。

「これらの映画の中には、うまくいかないものもあるだろう。いくつかは完全に大失敗になる。そこまでの需要はないからね」フリーのメディア・アナリストDennis McAlpineは言う。

前述のDergarabedianもこの見解に賛成だ。「確かに、ファミリー映画市場にはかなりの許容量がある。しかし、同時期に複数の映画が公開されたら、何本かは痛い目を見ることになる」

明らかに、CG映画の魅力はメジャー・スタジオの興味を惹いてきた。
たとえば、2本の「Shrek」だけで、アメリカ国内で7億ドルの配収、Pixarの6本の映画の配収を合計すると、15億ドルに達する。その上に、海外での興業や、DVDの売上げもあるのだ。

「ハリウッドはそんな魅力にはガマンできないものだ」McAlpineは言う。
しかし、McAlpineは、他のスタジオは、そこまでの成功を期待できないだろうと言う。PixarとDreamWorksの作品は、単にCG映画だからヒットしたのではなく、子供にも大人にも受け入れられる個性があったからだというのだ。

「ハリウッドには、自分の能力に対する認識がない」McAlpineは言う。「他のスタジオが何か違うことをやっているのを見ると、自分達はもっとうまくできると考える。しかし、人々を引きつけるお話を作るのは、思ったより楽ではない」

さらに、CGアニメの騒ぎにも関係なく、クラシックな2Dアニメも死んではいない。
Dergarabedianによると、好奇心旺盛なサルを主役にした有名な絵本が原作の2Dアニメ「おさるのジョージ」は、先月の公開以来好調だ。すでに、4500万ドルの配収を上げている。また、今回のアカデミー賞アニメ部門では、CGアニメは1本もノミネートされていない。


By Paul R. La Monica, CNNMoney.com senior writer
March 3, 2006: 2:34 PM EST
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

wakkie

Author:wakkie
3DCGに関連して、ソフトや技術に関する情報を提供するポータルはいろいろありますが、作られた作品そのものの情報は意外と見あたらないようです。
非力ながら、私の目に付く範囲でまとめていこうと思っています。

FC2カウンター
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。