スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピクサー、カナダに新スタジオ建設

ピクサーが、カナダのバンクーバーに、新しいスタジオを作ることを発表しました。
http://www.vancouversun.com/travel/Pixar+open+Vancouver+studio/1574458/story.html

このスタジオでは、カナダ人を75~100人程度雇って、短編を専門に制作するのだそうです。
ピクサー製作の短編は、歴史的にも、技術面と芸術面が融合した作品として定評があり、最近では、主に長編と同時公開されていますが、ここで作るのは、どうやらそれとも違うようです。

元記事にある、新スタジオのAmir Nasrabadiジェネラル・マネージャーのインタビューでは、
“First and foremost for us is to concentrate on Pixar legacy characters”
と言っていますから、長編で有名になったキャラクター(記事では、ウッディ、バズ、ライトニング・マックィーン、メーターの名前があがってます)を使った作品を作ることが目的のようです。これによって、キャラクターの商品価値の延命を図るわけですね。
「私たちが作るのは、完結した短編、シリーズ化できる短編などのニッチなものになります。これは、テレビやネット上映、コンピレーションDVDなど、ディズニーが行っているビジネスの役に立つでしょう」


このスタジオについて、Mayerson氏も記事を書いています。
http://mayersononanimation.blogspot.com/2009/05/pixar-in-vancouver.html

カナダに新スタジオを作るのは、雇用コストが安いことと、税制上の優遇措置が主因だろう。
当然、ここでは低予算のコンテンツしか作れず、マイナーリーグにすぎない。
などと、バッサリです。

-----------------------------

どうやら、ディズニーとの合併後のピクサーは、ディズニーをピクサー化できないまま(ラセターが企画から作り直させた「BOLT」も渋い成績)、逆にディズニー化が進んでるような気がします。
Mayerson氏の文章にあるように、ディズニーは、カナダの2つの続編DVD向けのスタジオ以外に、オーストラリアと日本にもスタジオを作って、TVシリーズの制作を行っていました。今回のピクサーの新スタジオは、これらの機能と同じような感じがします。
そもそも、続編DVDのビジネスは、「本編を汚すものだ」と、ラセター自身が潰したもののはずです。短編のコンピレーションDVDならいいのでしょうか?
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

wakkie

Author:wakkie
3DCGに関連して、ソフトや技術に関する情報を提供するポータルはいろいろありますが、作られた作品そのものの情報は意外と見あたらないようです。
非力ながら、私の目に付く範囲でまとめていこうと思っています。

FC2カウンター
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。