スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「9」シェーン・アッカー監督へのインタビュー

090425.jpg

短編版「9」が長編化されることが決まった時期に、AnimWatchに掲載されたインタビューが、インタビュアーのSteve Ogden氏のブログに再掲されていたので、訳してみました。
http://steveogden.com/blog/2009/04/shane-ackers-9-2/
抄訳のつもりだったんですが、Ogden氏自身が、「MoonTown」という作品を制作中のためか、私のツボに入った質問が多かったので、ほぼ全訳。

興味のある方は、<続きを読む>からどうぞ。


「9」のストーリーの元になったものは?
---セリフのない映画を作りたかった。そして、キャラクターの動きや、ビジュアルでストーリーを見せたいと考えた。廃墟になった世界でゴミあさりをするラグドールというネタを何年も頭の中で考えてた。
一方、ぼくは、ブラザース・クエイやヤン・シュヴァンクマイケル、ローレンシュタイン兄弟なんかの人形アニメの熱烈なファンだ。彼らが造る歪んだ世界で起こる、自己完結的なお話が好きだ。
この2つの要素から、この映画の発想やアイディアが出ている。

4年間もよく集中できましたね。途中で投げ出したくなりませんでしたか?
---そうかな。そのうち2年は学校に通ってた期間だし。MAYAの操作やCGアニメ制作の勉強をするのは楽しかった。その間に、ストーリーを固めて、きっちりしたムービー・コンテが作れた。

この映画の特料は、ストーリーが演繹的なことです。最初はキャラクターが何をやっているのかわからず、ラストで全貌が見える。どうやって、このお話を考えたんですか?
---メビウスの「アルザック」のコミックにインスパイアされた。1話4ページで、説明もセリフもない。主人公のアルザックは、怪物によって危機に引きずり込まれるが、逆転する。そこで初めて、怪物の方がアルザックの罠に引きずり込まれたいたことがわかるという仕組みだ。
「9」は、そういうストーリーにしたかったので、たくさんコンテを描いてみたよ。アイディアを試すには、それが一番だからね。

この短編に影響を与えたモノは?
---Zdzislaw Beksinskiの絵画、ブラザーズ・クエイの「ストリート・オブ・クロコダイル」、ローレンシュタイン兄弟の「バランス」という短編。

WEATAデジタル(ピーター・ジャクソンの設立したニュージーランドのVFXカンパニー)での仕事は、どういう影響を与えましたか?
---WETAでキャラクター・アニメーションについて、たくさんのことを学んだよ。すごいアーチストもたくさんいたし。ただ、在籍中は短編の制作は中断してた。忙しすぎて、自分の作業用PCをニュージーランドに持ってくることもなかった。
あそこで、たくさんの人に見せて、フィードバックをもらった。WETAの友達の1人が1カット担当してくれてる。

制作中に当たった壁は何ですか?どうやってそれを乗り越えましたか?
---ぼくは、3DワークにMAYA、2Dワークにフォトショップ、編集にPremire、コンポジットにAfterEffectsを使っている。4年の制作期間の間、ソフトのアップグレードで起こるお決まりの問題には悩まされたよ。
ぼくはプログラムは得意じゃないので、パーティクル、リギング、ダイナミクスなんかの問題には、単純な解決法を選んだ。最初から、キャラクターにクロスを使うことはしなかった。頭痛の種になるからね。ダイナミクスやパーティクルのシミュで制作が止まるくらいなら、手付けを使って力業で問題解決してたよ。
だいたい、ストップ・モーションや手描きのアニメには、シミュレーションなんてないんだからね。だから、それを手描きするのと同じように、手付けで動きを付けるんだよ。被写界深度の効果も、レンダリング時に.rlaチャンネルを出して、AfterEffectsを使って出してる。

長編版にはティム・バートンはどういう風に関わっていますか?
---ティムはすごいよ。彼はきちんとプロデュースしてくれる。彼と仕事が出来て幸せだ。今は、彼の映画のシナリオを書いてるPamela Pettlerというシナリオライターと共同作業をしている。ティムや他のプロデューサー達のフィードバックは適切で、映画を形作る力になっている。

ヘンリー・セリックの会社(Laika)は関係していますか?
いや。パリにあるAttitudeというアニメ・スタジオが参加してくれている。

なぜルクセンブルグで製作しているんですか?(CGアニメーションの作業は、Attitude Studiosをメインにしてルクセンブルグで行われる予定)
---今やルクセンブルグが、アニメの中心地だって知らないのかい?ルネッサンスみたいなものだよ。(Attitude Studiosは、「ルネッサンス」にも関わっている)

短編を長編にするわけですが、お話は大きくなるんですか?
---すごいストーリーを用意してるよ。短編はぼくが考えた世界の断片にすぎないんだ。長編では、ラグドールや他のキャラクター達の出自、彼らの集めてる変なガラクタの意味や、そういったものが、この奇妙な世界やその未来にどういう意味があるのかが語られるよ。

ありがとうございました。
---Zzzzzz。


Zdzislaw Beksinskiの絵画
http://www.youtube.com/watch?v=CJ-MHJkenGY

ローレンシュタイン兄弟「バランス」
http://www.youtube.com/watch?v=WK3dx_nkLTE

Attitude Studios
http://www.attitude-studio.com/



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

wakkie

Author:wakkie
3DCGに関連して、ソフトや技術に関する情報を提供するポータルはいろいろありますが、作られた作品そのものの情報は意外と見あたらないようです。
非力ながら、私の目に付く範囲でまとめていこうと思っています。

FC2カウンター
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。