スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

間違いでした>「Barnyard」トップ10落ち

先週末興業の速報で、「Barnyard: The Original Party Animals」がトップ10ランキングから姿を消し、3月31日の「アイスエイジ2」公開から続いてきた、CGアニメが常にチャート内に存在する、という事態が終了しました。

ちなみに、日本では7月1日の「カーズ」公開から、「ブレイブ・ストーリー」「ポケモンレンジャーと蒼海の王子 マナフィ」「ゲド戦記」「劇場版NARUTO-ナルト- 大興奮!みかづき島のアニマル騒動だってばよ」「森のリトル・ギャング」とアニメ映画のチャートインが続き、現在も「ゲド戦記」がチャート上に健在です。
(「時をかける少女」は公開規模が小さいためにトップ10には入らなかった模様)
CG映画だけだと、「カーズ」「森のリトル・ギャング」で、2ヶ月弱で終了ですが。

それにしても、リストを眺めていると、邦画では、マンガを原作としたタイトルが目に付きますね。「LIMIT OF LOVE海猿」「デスノート」「ハチミツとクローバー」「ラブ・コン」「ラフ」「花田少年 幽霊と秘密のトンネル」…おっと「釣りバカ日誌17 あとは能登なれハマとなれ!」もマンガ原作ものでした。
これが今年の夏休みだけの特徴なのか、最近の邦画の傾向なのかまではわかりませんが。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

wakkie

Author:wakkie
3DCGに関連して、ソフトや技術に関する情報を提供するポータルはいろいろありますが、作られた作品そのものの情報は意外と見あたらないようです。
非力ながら、私の目に付く範囲でまとめていこうと思っています。

FC2カウンター
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。