スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「Changes」Martínez Lara氏インタビュー

先日紹介した短編「Changes」を作ったMartínez Lara氏のインタビューがanimwatch.comに掲載されました。
http://www.animwatch.com/F16-Changes-ENG.php
どうやら、スペイン発のCG映画「Planet One」の制作に関わった後、途中で抜けてこの短編を作ったようですね。
インタビュアーは、Pablo Hadis氏、スペイン語のインタビューを訳したもののようです。
興味があったので、訳してみました。
○どうして「Changes」を作ろうと思ったのですか?

2年ぐらいフリーで仕事をした後、Ilion Studiosで3年間働いていたら、身体中の細胞が、短編を作れと叫びだしたんだ。アイディアは頭の中にたまっていたからね。
テスト的なアニメは作っていたけど、満足できなかった。ちゃんと起承転結のある物を作りたかったんだ。

○アイディアの元になったのは?

プラクティカルな視点からのアプローチの仕方が気に入っているんだが、そういう視点は、Quino(スペインのマンガ家)から学んだ物だ。そういうアプローチが、アニメに合うと思ったんだ。

○Quinoの本を最初に読んだのは?

子供の頃、兄から「Mafalda」(Quinoの代表作の一つ)を借りて読んだ。その時は、それきりだったが、成長するに連れて、次第に作者のQuinoが描く世界に惹かれ始めた。特定のキャラクターにスポットを当てることはせずに、一般的なテーマにシュールでシニカルなアプローチをするところにね。

○Quinoは、現代における人間の本質を鋭く描く作家ですからね。どうして、Quinoが選ぶようなテーマを自分の作品で扱おうと思ったのですか。

時には、僕らは自分で道を切り開いて、何かを変化させることもあるだろう。でも、しばらくたつと、それは表面的な変化にすぎなかった事を知るんだ。そして、目新しさが消えると、結局何も変わってないのさ。

○Quino以外で影響を受けたものはありますか?

昔のワーナーのアニメ(ルーニー・チューンズのこと)が好きだ。それに、フランスのマンガ家Edikaも好きだ。

○リアルじゃない、単純化された様式にしたのはなぜですか?

僕が興味を持っている、ストーリーとキャラクターに集中するためだ。ストーリーに意味のある要素しか描かないやり方は、マンガでは昔からあるやり方だし。

○音楽のWim Mertens(ミニマリズムの作曲家)の曲はどこで知ったのですか?

ストーリーボード作成中に、使う音楽を見つけられるように、耳を澄ましていた。そして、Wim Mertensの曲を思い出して、聞き直してみたら、3曲ほど合いそうな曲が見つかった。そのうち2曲の間で迷ったが、自分でも決められなかった。結局、ネットでどちらが好きかアンケートを採って、投票の多かった軽い感じの曲を採用したんだ。

○効果音を入れなかったのは?

試しに入れては見たけど、結果は気に入らなかった。最初から音楽だけで行こうと思っていたから、さほど熱心にテストしたわけではないが。

○昔の作品に比べて、制作プロセスは変化しましたか?

昔とは全然違う。Ilion StudiosのCG映画「Planet One」に、スクリプト段階から、制作プロセスに3年間も関わっていたからね。今では、短編の場合は、中心になるコンセプトに最大限集中するべきだと考えている。昔の短編は、ギャグを見せることに集中していた。
でも、この中心になる部分を見つけるのが難しいんだ。アイディアを練っているうちに見失ってしまうこともある。そのアイディアは、短編向きじゃなかったんだね。
今回の作品では、初めて全てのコントロールが出来たように思う。長い時間をかけて、ストーリーを開発した。

○あなたの作品は、広く知られており、海外からの引き合いも多いと思いますが、なぜスペインにとどまっているのですか?

いくつかオファーはあったし、中には魅力的な物もあった。しかし、どの仕事もアニメーターとしてのものだった。僕は自分はいいアニメーターだとは思っていない。僕よりうまい人がたくさんいる。僕がやりたいのは、ストーリーやコンセプトを語って、人に見てもらうことだ。短編を作っていくのに、スペインを離れる必要は感じないからね。
それに学校(Pepe-school-land)の計画も始めたからしばらくはスペインにとどまるよ。

○スペイン発の長編アニメは見たくありませんか?

「Planet One」があるじゃないか。このまま制作が順調に進めば、ヨーロッパ発のアニメとしては最高の物になるよ。アメリカ製のアニメに匹敵するぐらいクオリティは高いし、スタジオには才能のある人がたくさんいるし、マネージメントもしっかりしている。必ず成功するよ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

wakkie

Author:wakkie
3DCGに関連して、ソフトや技術に関する情報を提供するポータルはいろいろありますが、作られた作品そのものの情報は意外と見あたらないようです。
非力ながら、私の目に付く範囲でまとめていこうと思っています。

FC2カウンター
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。