スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジェームス・キャメロン新作の話題

1997年の「タイタニック」以来、普通の劇場映画を撮っていないキャメロン監督(TVシリーズ「ダークエンジェル」やIMAX映画などを手がけていますが)が、ようやく動き出したようです。
http://www.hollywoodreporter.com/thr/columns/film_reporter_display.jsp?vnu_content_id=1002801137
まずは2008年公開予定の「Avatar」。
下肢麻痺になった歴戦の勇者が、人間型生物が住む別の惑星に連れてこられるところから始まるラブストーリーだそうで、来年2月から撮影開始予定だそうです。

なんで、このブログで取り上げるかというと、CG映像がかなりのパートを占めるからです。(本当はネタがないからですが)
キャメロン曰く、「実際の撮影は、制作のほんの一部にすぎない。撮影期間は大作なみの1ヶ月半かけるが、映画そのものはさらに膨大な物で、CGとVFXを使ったシーンが大半を占める」

「「Monster House」のように、キャプチャー技術を使う。パフォーマンス・キャプチャーといって、全然違う技術だが、考え方は一緒だ。これまでのモーション・キャプチャーでは、取ったデータをアニメーターが修正しないと使えなかったが、フォーマンス・キャプチャーでは、役者の演技が、アニメーターの手を介さずにそのままCGキャラクターの動きに変換される」

「私は、役者の演技そのものが欲しいのであって、別の人の手を通った物はイヤなんだ。このことにこだわって、監督が演技付けできるプロセスを作りたかった。去年の8月からシステム開発に取りかかって、ようやくゴーサインが出せた」

別の情報によると、キャメロンは、もう1つ木城ゆきと原作の「Battle Angel」の企画を抱えていますが、「Avatar」も「Battle Angel」も3部作になる予定だそうです。ただし、本編と続編を同時に作ることは考えておらず、あくまで、1本目が成功したら続編を作るというスタンスだそうです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

wakkie

Author:wakkie
3DCGに関連して、ソフトや技術に関する情報を提供するポータルはいろいろありますが、作られた作品そのものの情報は意外と見あたらないようです。
非力ながら、私の目に付く範囲でまとめていこうと思っています。

FC2カウンター
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。