スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「アイスエイジ2」トップ10に残る

先週末の興業成績の速報を見ると、超大作「ミッション・インポッシブル3」が公開され、旧作は順当に順位を下げるかと思われたのですが、「アイスエイジ2」は、なぜか前週の7位から6位に上昇しています。(配収そのものは、720万ドルから400万ドルに落ちています)
「サイレント・ヒル」(7位)や、「Scary Movie 4(最?絶叫計画)」(8位)より上位になってしまいました。
「The Wild」の方は、12位で、トップ10からははみ出てしまいました。

今週末(12日)の「ポセイドン」の荒波を乗り越えれば、来週末(19日)には「森のリトル・ギャング」が公開されますから、6月9日の「カーズ」から始まる夏映画までつながって、3月から9月まで、半年ばかり連続してチャートにCGアニメが名を連ねることになりそうです。


CG映画とは関係ないですが、「ミッション・インポッシブル3」は4,800万ドルのスタートですから、第1作「ミッション・インポッしブル」(1996)の初週1億7,325万ドルどころか、前作「M:I2」(2000)の初週9,181万ドルとも比べられないほど弱いスタートになっています。製作費はどんどん上がっているのですが。(第1作=7,500万ドル、2作目=1億2,500万ドル、本作=1億5,000万ドル)
アクション超大作は荒唐無稽な雰囲気が漂うと、避けられる傾向があるのかもしれません。同じようなテイストながら、マット・デイモンの「ボーン~」シリーズ(3作目準備中)は、数字を伸ばしていますから、不死身ではないヒーローを絶体絶命状態からどう生還させるかが重要なのでしょう。
より荒唐無稽なアメコミ・ヒーローものがどう思われているかはよくわかりませんが、今月末には「X-Men3」、来月には「スーパーマン・リターンズ」も控えています。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

wakkie

Author:wakkie
3DCGに関連して、ソフトや技術に関する情報を提供するポータルはいろいろありますが、作られた作品そのものの情報は意外と見あたらないようです。
非力ながら、私の目に付く範囲でまとめていこうと思っています。

FC2カウンター
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。