スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャック・ブラック、新作アニメをプロデュース

ドリームワークスの「カンフー・パンダ」で主役のポーを演じたジャック・ブラックが、別のアニメに関わっているようです。
http://www.heatvisionblog.com/2009/12/jack-black-crytozoology.html
現在、長編CGアニメ映画1作目になる「Despicable Me」制作中のIllumination Entertainment(ユニバーサル傘下のアニメ製作会社)で、新作アニメに関わっているようです。まだタイトルもわかりませんが、ビッグフットやイエティといった、いわゆるUMAたちの世界を舞台にした内容らしいとのこと。今のところジャックはボイスアクターではなく、プロデューサーだそうです。
スポンサーサイト

ヘンリー・セリック監督、Laikaを退社

しばらく情報チェックをサボってたら、こんなニュースを見逃すところでした。
今年「コラライン」を公開したばかりのLaika Entertainmentから、その監督をしたヘンリー・セリック氏が退社したとのことです。
http://www.oregonlive.com/business/index.ssf/2009/10/laika_story_tbd.html
http://www.oregonlive.com/business/index.ssf/2009/10/laikas_statement_on_henry_seli.html

退社の理由は明らかにされていません。
先月、同社がCGIから手を引いて、ストップモーション・アニメに専念するという記事を書いたばかりです。また、同社は、次回作のタイトルもそろそろ発表できると言明していました。

----------------------------------

この記事や他の記事を見ると、セリック氏は、その才能は別として、かなり扱いづらい人物のようで、なんらかの対立があったのだろうと言われています。ひょっとしたら、次回作の監督でモメたのかも知れません。CGI部門がなくなったため、1つの制作ラインしかないわけで、もしセリック監督以外が監督をすれば、数年間は身体が空いてしまうことになりますから。

Laikaは、かつてティム・バートン監督の「コープス・ブライド」の制作も行いましたが、バートン監督は、自らのスタジオ、Tim Burton Animation Co.で「Frankenweenie」(長編版)を製作中です。といううことで、ストップモーション・アニメの1つの方向性になったバートン/セリック的な方向性(喧噪的で、ダークなファンタジー)を目指すのは、今後はつらくなるように思います。
セリック監督の方は、ストップモーションだけでなく、CGアニメ(短編「Moongirl」)も実写映画(「モンキーボーン」)もできますから、心配はないような気がします。

「ボルト」監督インタビュー

日本では8月1日から公開されるディズニー作品「ボルト」を監督したバイロン・ハワード、クリス・ウィリアムズ両氏に対するインタビューが、なぜかゲーム系ニュースサイトに取り上げられています。
http://www.gpara.com/pickupnews/news/090619_bolt/
http://gamerabbit.jp/2009/06/ds-16.html

実際には、他の媒体によるインタビューもあったようなので、
http://weblog.ctv.co.jp/shikanai/tkWpAcR
そのうち出てくるでしょう。ゲームの方が発売が半月早いからでしょうね。
映画関係の取材では、元々「American Dog」というタイトルだった企画が、ピクサー買収後のラセター氏による手直しで、どう変わったのか、みたいな話を期待します。(って終わってるインタビューに期待してもしょうがないですね)

それにしても、日本には宮崎駿しかアニメの監督はいないんでしょうか。
たまには、京都アニメーションに巡礼に行くとかいうクリエーターがいてもいいと思うんですが。

「カールじいさんの空飛ぶ家」ミニ特集「The Dog Pack 」

北米では明日公開の「カールじいさんの空飛ぶ家」に出てくる犬の軍団に関するミニ特集です。
http://www.traileraddict.com/trailer/up/featurette-the-dog-pack

向こうでは公開された映画なので、、これからはネタバレ気味な映像が、どんどん出てくると思います。(DVDやBDも日本公開前のホリデー・シーズンに発売されるわけですし)そういうのが嫌いな人は、見ない方がいいかも。

「Battle for Terra」監督インタビュー

「Battle for Terra 」のAristomenis Tsirbas監督のインタビューが、AWNにあったので、軽く抜粋してみます。
http://mag.awn.com/?ltype=pageone&article_no=3974
といっても、正直、内容には大して興味ないので(失礼)、制作面で面白かったところを適当に。

ちなみに、制作は2班に分かれ(以前書いた記事だと、スタッフは20人という話でした)、キャラクター・アニメーションはMayaで、その他のモデリングとマテリアル設定、レンダリングはLightWabe3Dで行われたようです。

興味のある人は、続きを読むからどうぞ。

続きを読む

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

wakkie

Author:wakkie
3DCGに関連して、ソフトや技術に関する情報を提供するポータルはいろいろありますが、作られた作品そのものの情報は意外と見あたらないようです。
非力ながら、私の目に付く範囲でまとめていこうと思っています。

FC2カウンター
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。