スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CGアニメじゃないけど、トレーラー2本

まずは、ウェス・アンダーソン監督の「Fantastic Mr. Fox」。
http://movies.yahoo.com/movie/1810028004/trailer
ストップ・モーション・アニメです。当初はヘンリー・セリック監督と共同のプロジェクトでしたが、セリック監督は途中で抜けました。(それから始めた「コラライン」の方が半年以上速く完成しているわけですね)それにしても、この映像を、ショボイと見るか、懐古主義的なオシャレと見るか、反応が分かれています。静止画だけが公開されたときは、ネット上の評判は、前者がほとんどでしたが、動画で見てみると、動きまでアレだとすると、さすがに意図的なものだろう、と後者もしくは態度保留ということになっているようです。
11月13日公開予定です。

もう1本は短編ですが、ジョナサン・ニックス監督の「The Missing Key」。
http://www.youtube.com/watch?v=Fat7Rw8yE0g
2本目のティーザー・トレイラーです。1本目はPV仕立てになっていましたが、今回は世界観がよくわかります。ちなみに1本目はこれです。
http://www.youtube.com/watch?v=5aaiFV3dR5w
ニックス監督は短編アニメの監督で、本作も26分の短編作品のようです。
公式サイト
http://www.themissingkey.com/
スポンサーサイト

CGアニメじゃないけど、Marvel Anime

マーベル・コミックスとマッドハウスがコラボするTVシリーズ<Marvel Anime>から、「アイアンマン」と「ウルヴァリン」のティーザーが、 Comic Con'09で発表されています。

「アイアンマン」
http://www.youtube.com/watch?v=w4yrOLQniCk
「ウルヴァリン」
http://www.youtube.com/watch?v=Lyy-KBFvKPg

マーベルのキャラクターを元に、ライターのWarren Ellisが原作をする4本のシリーズのうち、最初の2本になるようです。今のところ、マッドハウス側のスタッフはわかりません。基本的には日本国内向けで、2010年春から放映スタートする予定です。

CGアニメじゃないけど、「Tron Legacy」と「Alice in Wonderland」映像

ディズニーの実写映画がらみで2題。

まずは、「Tron Legacy」がComic Con '09に用意した映像。
http://www.traileraddict.com/trailer/tr2n/comic-con-trailer
1982年の映画「トロン」の続編です。オリジナルは、<生身の人間が、サイバー世界(まだそんな言葉なかったけど)に取り込まれたら、プログラムが人間の格好してて、人格があって、おまけにプログラマーと同じ顔してて、悪いプログラムの圧政に苦しんでいた…>という、企画会議直前に3秒で考えたようなシノプシスを、極力CGを使わない映像(当時はまだまだ使えなかった)で、それっぽく撮りあげた傑作でした。(確かCGを使った部分は6分程度)
その続編は、オリジナルでサイバー世界に取り込まれたケビン(ジェフ・ブリッジス)の子供の話になります。その主人公は20歳前後ということですから、ほぼ、リアルな時間差(20数年)があるということでしょうね。
にしては、ライト・サイクルのゲームは全然ゲーム性が進化してないっぽいですね。高さの概念が加わったくらい。(ちなみに、ファミコンが発売されたのがオリジナル発表の翌年、1983年です)まあ、そこに意味があるのかも知れませんが。
できれば、オリジナル同様、CGを多用せずに映像化して欲しいものです。今のところ公開予定は来年中ということ以外未定です。

---------------------------------

ティム・バートンによる、ディズニー・アニメ「ふしぎの国のアリス」の続編「Alice in Wonderland」のティーザー・トレーラーが、Yahoo! Moviesに。公開予定は2010年5月10日。
http://movies.yahoo.com/movie/1810078365/video
同じく立体映画の「G-Force」の上映前に流れているはず。「トイストーリー1&2」の予告編も流れているはずなので、これも近々見られるでしょう。

---------------------------------

ディズニー続きだから、普通なら流しちゃうレベルの情報をオマケ。
どこぞの雑誌のスキャンに、「Rapunzel」の画像が…。
http://planetadisney.blogspot.com/2009/07/disney-faz-testa-para-oficilizar.html

U2「Go Crazy If I Don't Go Crazy Tonight」PV

U2の最新シングル「Go Crazy If I Don't Go Crazy Tonight」 のPVが、トゥーンシェードを使ったフルCGアニメですね。

VIMEO
http://vimeo.com/5699275
YouTube
http://www.youtube.com/watch?v=pmJgdXkAqMU

DS版のゼルダみたい、とか思いました。

ネットを使ったアニメ制作「Live Music」

まずはこの記事を読んでください。

Intel、SNSでアニメ制作プロジェクトを立ち上げ
http://slashdot.jp/article.pl?sid=08/08/19/0252234

記事を素直に読むと、SNSのFacebookを使って、不特定多数の参加者によってアニメを制作しよう、という、時々聞くような話ですが、そのプロジェクトの1作目「Live Music」が完成し、話題になっています。
http://www.nytimes.com/2009/07/16/movies/16mass.htm

いまひとつ全容はわからないのですが、Facebookに登録した人数が約5万7000人、本作のためにAniboomがコンペティションを開催し、51人のアニメーター(17ヶ国、14才から48才まで、女性11人、アマチュアもいればプロもいる)が選ばれました。
その51人に対して、ストーリーと画面のタッチやモーションの参考のための最初のシーン、サウンドトラック、Mayaが提供され、カット単位で作業します。担当した1カットあたり500ドルの報酬が約束されていたようです。
製作費約100万ドル。制作期間は6ヶ月。これで、「Planet 51」と併映される、劇場クオリティの約5分の短編アニメが完成したことになります。
製作のMass AnimationのYair Landau氏は、この方式で将来は長編を作りたいと言っています。製作に協力したAniboomのUri Shinar氏は、スタジオなしに、商業用コンテンツを作る第1歩を踏み出せたと言っています。

参考リンク
Mass Animation
http://www.facebook.com/massanimation

IMDbの本作データ
http://www.imdb.com/title/tt1455209/

----------------------------------

こういう制作手法だと、制作進行やクオリティ・コントロールなど、裏方的作業がものすごく重要だと思うのですが、その辺をどう行ったのか、全然分かりません。また、記事にある、各アニメーターに与えられたストーリーというのは、ストーリー・ボード(絵コンテ)のことなのだと思いますが、それを誰が書いたのか(そもそもシナリオを書いた人がいるはずですし)、とか、今のところ、IMDbにもデータがありません。モデリング作業なんかがどうなっているのかも不明ですし、51人が担当したのがアニメーションだけなのか、ライティングやエフェクトなども加えた、シーンの設定全体なのかも気になります。
本編5分間のムービーなら、カット数は多くて100カットくらい(1カット平均3秒になるので、目まぐるしすぎますが)でしょうから、51人で割り振れば1人当たりせいぜい2カットですよね。そうすると報酬は1000ドル程度、学生アマチュアでも、長くて半月くらいの作業量でないと引き合わない気がします。(ボランティアならともかく))実際、100カットあっても、その分の報酬は、50000ドルですから、製作費100万ドルの1/20ですしね。
どうやら、記事になってる部分は、実際のアニメ制作の作業の中ではほんの一部分にすぎないのではないでしょうか。
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

wakkie

Author:wakkie
3DCGに関連して、ソフトや技術に関する情報を提供するポータルはいろいろありますが、作られた作品そのものの情報は意外と見あたらないようです。
非力ながら、私の目に付く範囲でまとめていこうと思っています。

FC2カウンター
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。